TOP > 消しゴムはんこの作り方 > インクをつけておす

消しゴムはんこの作り方

消しゴムはんこの作り方

mixiチェック

インクをつけておす

消しゴムはんこづくりの醍醐味は、この瞬間にあります!
ぽんぽんぽんっとインクをつけて、ぺたっとおして、ゆっくり持ち上げる…
自分でつくったはんこはとっておき❤ どこにでも何にでもおして。

インクをつけておす

インクをつけておすステップ

インクをつけておすステップ1

インクをぽんぽん…

ぽんぽんっと何回も軽くつけると、消しゴムはんこにインクがまんべんなく乗ります。

インクをつけておすステップ2

真上からギュッ

紙に対して印面を並行にし真上からギュッとおします。強く押しつけすぎないように。

インクをつけておすステップ3

ねりけしでおそうじ

ついたインクはいらない紙に色がつかなくなるまでおしてから、ねりけしでおそうじ。

インクをつけておすポイント

インクをつけておすポイント1

はんこを固定してインクパッドのほうを利き手に持つ

インクパッドにはんこを押しつけるのではなく、インクパッドのほうを利き手に持って消しゴムはんこをぽんぽんと叩くイメージ。印面を確認しながらつけられるので、均一もかすれ風も自由自在です。

インクをつけておすポイント2

大きいサイズのはんこは、てのひらでギュギュッ

3センチ四方を超えるサイズの消しゴムはんこは、かすれたり一部分が全くおせなかったりすることがあります(…それも味なのですが❤)。きっちりおしたい場合は、てのひらをつかって真上から少しだけ強めにおします。

インクをつけておすポイント3

グラデーションは薄い色のインクから

2色以上のインクを使ってグラデーションを作るときは、必ず薄い色のインクからつけていきます。軽く上乗せしてもインクパッドは多少濁ります。重ねづけしたインクパッドは直接紙にぽんぽんおして濁った部分を取り除きます。

インクをつけておすポイント4

インク+魔法の粉 でエンボス加工はいかが?

ふつうのカラーインクでおしたうえに透明のエンボスパウダーをかけて熱すると、ぷっくりツルツルのエンボス加工ができます。色味も鮮やかに、耐久性も強くなります。エンボスをマスターすれば、もう「消しゴムはんこ玄人」!

インクをつけておすポイント5

紙にすかしを入れるインクもあります

高級ホテルのレターセットにあるようなオリジナルロゴのすかしも、VersaMark(バーサマーク)インクがあればカンタンです。「これほんとに手づくり?」と周りをびっくりさせられる加工ができておススメです。

mixiチェック

このページのトップに戻る

消しゴムはんこガールOPEN記念プレゼントキャンペーン

↑↑ 消しゴムはんこプレゼント ↑↑

消しゴムはんこガールOPEN記念!
twitterで欲しい図案をつぶやいた方のなかから、5名様にオリジナル消しゴムはんこをプレゼントいたします。

Follw us on twitter

消しゴムはんこガールのtwitterでは、消しゴムはんこ図案の新着情報や消しゴムはんこのトレンドをお届けします。
東京のARTレポートも気まぐれにつぶやいてます…よろしければ follow us ♥

Copyright(C)2011 オーロラ工場 All rights reserved.