TOP > よくある質問 > 消しゴムはんこ 作り方に関するQ&A

よくある質問

消しゴムはんこガールによくいただくご質問

mixiチェック

↑ このページのトップに戻る ↑

■消しゴムはんこの基本の作り方が知りたい
消しゴムはんこの基本の作り方のページに詳しくあります。

↑ このページのトップに戻る ↑

■消しゴムはんこガールにあるリアルな図案(グラデーション)はどうやって彫るの?
カッターと彫刻刀を使って彫った消しゴムの境界線を、つまようじを使ってさらにぼかしています。
通称"オーロラ彫り"のやり方は、作り方のページに写真とともに詳しくあります。

↑ このページのトップに戻る ↑

■消しゴムはんこガールにあるブレ線はどうやって彫るの?
彫刻刀で彫るときに、刃を軽く左右に揺らします。
写真つきの説明は、作り方のコツのページに詳しくあります。

↑ このページのトップに戻る ↑

■消しゴムのほうを回して彫るってどういうこと?
包丁でりんごの皮をむくときに、包丁を固定してりんごをくるくる回すイメージに近いです。
動画でご確認ください。

↑ このページのトップに戻る ↑

■小さな丸・点を彫りたい
小さな点は、直径1ミリ以上のものは彫刻刀かカッターで、0.8~1ミリほどのものはシャープペンシルで、それ以下のものはつまようじ(千枚通し)であけます。
詳しいあけ方は、消しゴムはんこを彫るコツのページにあります。

↑ このページのトップに戻る ↑

■角をうまく彫りたい
角がうまく彫れると作品にメリハリが生まれます。いっきに彫らず、角の頂点まで刃を入れたら一度刃を抜き、改めて刃を入れて彫ることがポイントです。
詳しい角を彫るコツは、消しゴムはんこを彫るコツのページにあります。

↑ このページのトップに戻る ↑

■消しゴムはんこの余白部分を平らにきれいに彫るには?
図案の周りのふちを平らにきれいに取るにはカッターが有効です。消しゴムはんこの彫り方のページに詳しくあります。図案の線の内側にある余白部分を平らにするのは至難のワザ。彫刻刀の丸刀で大まかに取った後、カーブの浅い大き目の丸刀で凸部分を削り取ると、比較的きれいにできます。ただ、販売をしている消しゴムはんこ職人さんの作品を見ても、完全に平らにできているものはないので、そんなに神経質になることはないでしょう。オーロラ工場では…そんなにきれいにとっていません。

↑ このページのトップに戻る ↑

■スライスして消しゴムを薄くしたい
薄くするために消しゴムをスライスするのは危険です。絶対にやらないでください。特に印面を彫ってからのスライスは大怪我の恐れがあります。持ち手をつける場合は、確かに消しゴム部分が薄いほうがスマートなことがあります。持ち手をつける予定のあるものは、最初から薄い消しゴムを使ってください。市販の消しゴムはんこ専用けしごむに、薄いタイプもあります。

↑ このページのトップに戻る ↑

■除光液でうまく転写できない
うっすらとも図案が写らない場合は、(1)図案のコピーに問題がある可能性があります。コピーは必ずコンビニなどに設置してあるインクトナータイプのコピー機でとってください。家庭用プリンタなどのインクジェットタイプではうまくいきません。また、トナータイプのコピー機でもまれにうまくいかないタイプがあるようです。他のコンビニのコピー機でも試してみてください。また、(2)香料や保湿成分などが入っているタイプの除光液では、きれいに転写てきないことがごくまれにあるようです。あるいは、(3)こする段階で図案のコピーにしみこませた除光液が気化している可能性があります。除光液をティッシュでしみこませたら、すばやく転写してください。

転写した図案がずれてしまう場合は、(4)こする段階で紙がずれている可能性があります。図案はかたちにそってはさみで切り、除光液でぴったりと消しゴムに貼りつけてください。そのうえから紙を乗せてこすります。(5)しみこませる除光液の量が多すぎると図案がにじみます。何度か試していくうちに分量のコツをつかんでください。

最初はむずかしく感じるかもしれませんが、習得すれば複雑な図案も一瞬で転写できるようになります。ぜひ、除光液転写法に挑戦してみてください。

↑ このページのトップに戻る ↑

■トレーシングペーパー転写法がうまくできない
図案のトレースは鉛筆かシャープペンシルでしてください。濃さはHB・BなどでOK。鉛筆でトレースしたほうの面を下にしてこすります。図案がずれてしまう場合は、図案を写したトレーシングペーパー(うつしがみ)を切りとり、消しゴムにテープなどで固定してからこするのも手です。

↑ このページのトップに戻る ↑

■トレーシングペーパー転写法でうつった鉛筆のあとをきれいにしたい
ねりけしで根気づよく掃除したあと、お化粧を落とすクレンジングクリームを印面につけ、水で完全に洗い流します。

↑ このページのトップに戻る ↑

■試しおしでついたインクを完全にきれいにしたい
ねりけしで根気づよく掃除したあと、お化粧を落とすクレンジングクリームを印面につけます。このとき、指の腹や綿棒を使って印面の凸凹にしっかりクレンジングクリームをつけます。数分放置し汚れが浮いたら、水で完全に洗い流します。

↑ このページのトップに戻る ↑

■エンボス加工はどうやってするの?
エンボスパウダーとエンボスヒーターがあれば簡単です。
エンボスヒーターがなければ、オーブン・ホットプレート・アイロン・トースターでもできるようです。

↑ このページのトップに戻る ↑

■布に消しゴムはんこをスタンプしたい
布におせるスタンプインクがあります。
スタンプ後、アイロンの熱でインクを布に定着させることができる水性顔料系インクです。洗濯もできます。

↑ このページのトップに戻る ↑

■ガラス・陶器に消しゴムはんこをスタンプしたい
ガラスにおせるスタンプインクがあります。
色数をそろえるのが難しければアクリル絵の具を使ってスタンプする方法もあります。

↑ このページのトップに戻る ↑

■透明ビニールにくっきりと消しゴムはんこをスタンプしたい
ビニールにくっきりとおせるスタンプインクがあります。
無機質な透明袋に白いレースをおすとそれだけで素敵なプレゼント用のパッケージに!

↑ このページのトップに戻る ↑

■消しゴムはんこに持ち手をつけたい
バルサ材、発泡スチロール、コルクなど、持ち手にもいろいろなアイデアがあります。
コラムで順次ご紹介していく予定です。

mixiチェック

このページのトップに戻る

消しゴムはんこガールOPEN記念プレゼントキャンペーン

↑↑ 消しゴムはんこプレゼント ↑↑

消しゴムはんこガールOPEN記念!
twitterで欲しい図案をつぶやいた方のなかから、5名様にオリジナル消しゴムはんこをプレゼントいたします。

Follw us on twitter

消しゴムはんこガールのtwitterでは、消しゴムはんこ図案の新着情報や消しゴムはんこのトレンドをお届けします。
東京のARTレポートも気まぐれにつぶやいてます…よろしければ follow us ♥

Copyright(C)2011 オーロラ工場 All rights reserved.